新聞記者でありながらAV女優だった過去を暴露された鈴木涼美の話題作を映画化!『身体を売ったらサヨウナラ』予告編

新聞記者でありながら元AV女優だった過去を暴露された実体験をつづった鈴木涼美の著書『身体を売ったらサヨウナラ』が映画化。現在活躍中のAV女優、AV監督、スカウトマン達のインタビュー映像を交えて描く異色のドラマが誕生!

<ストーリー>
 鈴木リョウコ(柴田千紘)、29歳。有名大学から東大大学院修士課程を経て、某経済新聞社で記者を務めた、いわゆる超エリート。そんなハイスペックな彼女には、大学在学中にAVに出演したという過去があった。そんなに頑張らなくたって有名大学に入れる知能とコンプレックスなしで十分生きられる美貌を持って生まれ、日本を代表する新聞社に勤め、昼の世界の私は間違いなく幸せ。でもそれだけじゃ退屈で、友人のケイコ(内田慈)、ユカ(冨手麻妙)と、権力と金力を持つ彼氏・光ちゃん(原田篤)とホスト通いに明け暮れる日々を過ごしていた。それでも何故か満たされなくて、売れないミュージシャンの彼氏・玲(久保田悠来)と爽やかな恋もする。女の身体は何度でも売れると呟きながら、心の拠り所を求めて、どこか手探りする自分がいる。昼と夜の世界で矛盾しまくりながら、それでも幸せになりたいと願う、一人の女の物語。

出演:柴田千紘
小西キス 久保田悠来 内田慈 冨手麻妙 原田篤 新納敏正
根岸拓哉 大重わたる 五十嵐麻朝 松井薫平 / 川上奈々美
筒井真理子 品川祐(特別出演)
原作:鈴木涼美「身体を売ったらサヨウナラ」(幻冬舎文庫)
監督:内田英治
脚本:伊藤秀裕 内田英治
製作:間宮登良松 伊藤秀裕
企画:加藤和夫
エグゼクティブプロデューサー:川崎岳
プロデューサー:佐藤敏宏 宣伝担当:手嶋亮介
音楽:小野川浩幸
主題歌:PALU「もしも恋人が」(EPIC レコードジャパン)
制作:エクセレントフィルムズ
製作:東映ビデオ、エクセレントフィルムズ
(c) 2017 東映ビデオ/エクセレントフィルムズ
7月1日(土)新宿 K’s cinema にて2週間限定ロードショー

☆最新 洋画予告編をCHECK!
https://goo.gl/xdNN9S
☆最新 邦画予告編をCHECK!
https://goo.gl/YXnjbu
☆最新 アジア映画予告編をCHECK!
https://goo.gl/C80MdV
☆最新 アニメ・CGアニメ映画予告編をCHECK!
https://goo.gl/g0H9lZ
☆チャンネル登録はこちら
https://goo.gl/TGzrNu

Posted by aki